カンボジア人の技術実習生送り出し

近年のカンボジアは高い経済成長を保ち発展を続けています。

カンボジアの送り出し情報を厳選して紹介します。

更に発展をし上を目指していくには、自国の力だけでは望む事が出来ません。



そこで協力諸国による技術実習生制度を活用し、様々な分野の技術・知識・技能の習得をする事が不可欠な状態です。こうした背景から技術研修生の育成と送り出しの活動を通じて発展途上国の発展を担う人材育成を行うべく、多くの日本企業が協力しています。
協力国の中でも日本は、カンボジアに対して多額の援助を行っており日本人に対しても大変好意的です。

また、日本企業の進出や日本製品の普及によって、信頼と強い憧れを抱き日本との関わりを持ち技術を学びたいと考える若者が多いのも確かです。


国の特徴として、9割以上が熱心な仏教徒で礼儀や年配者を敬う心は日本人に似ている部分があります。

さらに非常に勤勉で真面目な性格の方が多いので、日本企業へ送り出しても技術や知識の習得が早く企業にとっても貴重な人材となります。こうした姿勢から日本人従業員にも良い刺激となり、負けられないという意識が芽生え企業全体の活力にも繋がります。

日本の企業で技術研修生として働くには、若い候補生の中から語学研修・技術研修・日本の習慣などを優秀な教師の指導により学びます。決められた時間とカリキュラムにて来日した際に研修成果を発揮できるように徹底して教え込みます。頃中から厳しい基準を満たした人材だけを日本へ送り出し企業の為、そして将来のカンボジアの為に技術習得の実践を行います。