カンボジアの送り出し事業は日本を救う

日本国内においては、近い将来、企業などで人材不足が起きることが懸念されています。少子高齢化が急速に進行していて、多くの分野で働き手が不足することは、このままいけばほぼ間違いないと言われます。
政府は少子化をなんとかしようと色々対策を行っていますが、決定打になるような対策は打てていないのが現状です。
また、数年前までは新規採用に慎重だった企業は、最近は若い人材の確保に躍起になっています。

そんな日本の人材不足を解決してくれるかもしれないものの一つに、カンボジアの技能実習生の送り出し事業があります。
東南アジアにある国の一つであるカンボジアは現在、積極的に自国内の国民を外国に送り出して就労させています。


外国に送り出しすることで、技術の習得、外貨の獲得に国を挙げて取り組んでいるというわけです。


カンボジアは、ちょっと前まで酷い内戦で、そのせいで国内がガタガタになってしまったので、こうやって外国に出稼ぎにいかせることで、国を富まそうとしているわけです。
カンボジアでは日本への送り出しも積極的です。

カンボジアの送り出し情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

当地の若者は、実はけっこう日本に好意を持っている人が多く、また国民性も真面目で勤勉で家族思いで、わりと日本人に近いような感覚をもっています。



ですから、日本がこれから国内での人材不足を補おうと思ったら、このカンボジアの送り出し事業でやってくる同国の若者を積極的に活用していく必要があるといえます。かの国の若者は、日本に来ることで高度な技術やお金を獲得できますし、日本は人材不足を補えて、まさにWin・Winの関係になれるというわけです。