評判の良いカンボジアの送り出し機関

日本社会における一部の労働力不足の解消のために、近年多くのカンボジアの若い人たちが来日して国内のいろんな現場で働いていますが、その評判の良さに注目が集まります。
カンボジアから日本へ若い人たちを送り出している期間では、アセアン諸国では特にビジネス上で大切とされる政府と良い関係を構築している大企業のグループ会社では、安定した人材を常に確保していることで知られています。

独自性の高いカンボジアの送り出し情報をまとめてチェックしよう。

首都プノンペンから地方に至るまで、カンボジア国内に幅広いネットワークを持っていて、数年で300人以上の外国人技能実習生を日本へ送り出しています。



現地では訪日後生活や職場で困らないレベルまで語学力をアップするために、約3〜6ヶ月間の日本語教育のトレーニングを受け、毎日一生懸命勉強しています。


幅広いネットワークと政府と良い関係を築き上げているため、本人の正確や気質といった人物を重視しながらも外国人技能実習生の家族背景もしっかり把握した上での採用になるため、日本では行方不明になったケースがないのも大きな特徴です。



カンボジアの外国人技能実習生は、日本人と良く似た感性を持っている人が多く、平和主義で争いごとを好まないことから、送り出し機関での日本生活における職場でのマナーも理解して来日後も違和感なくすぐに実践できるのも評判の理由のひとつに挙げられます。また、日本語とカンボジア語ができる通訳を定期的に派遣していることで、日本の受け入れ側だけでなく外国人技能実習生も安心です。