日本とカンボジアの会社とひとを結ぶ人材派遣会社

日本の各地で労働力不足で頭を痛める地域や職場が多くみられる中で、2016(平成28)年の11月末に外国人技能実習生制度が従来の3年から2年追加延長されたことで、一定の条件を満たすことによって5年間働くことができるといった新法案が可決成立しました。


カンボジアの人材派遣会社は、日本へ外国人技能実習生を送り出すだけでなく国内においても日系企業へ多くの若い人たちを紹介し、2カ国間において会社とひとを結ぶ大きな役割を果たしています。

カンボジアの人材派遣のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

カンボジアの人たちは年長者を敬い家族思いでひととの繋がりを大切にしながら長期的な人間関係を重視するため自己主張を好まないことで、とても好感が持てるといわれています。
また、国民の9割が敬虔な仏教徒で規範意識が強く、困っているひとに害を与えることを良しとしない自制心や規範意識が高い人柄が、受け入れ側からも評価されています。


隣国に比べると経済的な出遅れ感は歪めないものの近年は確実に安定した成長を続け、政府主導の外資系企業の誘致に関しても経済特区を設けて税金面の優遇措置をとっていることで、日系企業の進出も目覚ましいものです。


首都プノンペンや世界遺産のアンコールワット界隈の主要都市プノンペンをはじめ英語ができる人材は比較的多いといわれています。



人材派遣会社では、まだホワイトカラーに関しては、日系企業特有の仕事の流れについていけるカンボジアのひとが少ないため現地採用の日本人を積極的に採用しているケースが多いのが実情です。

人材派遣会社では、外国人技能実習生の送り出しに現地での仕事の紹介、カンボジア国内に工場建設を考えられている会社に下見ツアーや日本語学校の視察などのプログラムも用意しています。